貼り貼り集め
撮影しました。

撮影しました。

landmarkland:

かつて付き合っていた東京育ちの人に「ここの高校生は普段どこで遊ぶの?何をして遊んでいた?」とほんとうに不思議そうな顔で聞かれたことがある。私は友達がいなかったから遊んだことがないし、遊ぶということ自体がよくわからない、みんなどこで何してたんだろう、と言うと笑われた。私の生活圏は家と学校と陸上部のグラウンドだった。その三角形の中で暮らすことに疑問を持たず、自分以外の人が何をしているかなんてあまり考えたことがなかった。

そんな話をしていた時ふっとヒラサワさんの顔が浮かんだ。

(コメント欄より)

東京の生活を始めた19歳の春、希望と期待と寂しさの中でバンカ­ラな学生は

タオルに下駄履きで新宿を歩いていた。

母と別れた新宿駅、皆良き思い出である。そして今日

私は正しく生きているのだろうか、学生運動が吹き荒れていた19­70年の春

皆時代の寵児であった。

(同じコメント欄、同じ方のコメント どちらも心に響きます)

思い出せない想い出を探している。あの頃はまるで別人でいとおし­く思えるのは

今が成長しているのか,或いは何かを忘れたのか・・・・・

もう戻れないあの頃を懐かしく,そして戻りたい・・・・・

どう生きれば良いか今更ながら、教えてほしい・・・・・

撮影しました

撮影しました

堕落してゆく僕を!!!!!

(歌詞より)

このPVを作った方の持つ程よい毒が好き。

あまりにも毒々しいものをわたしは悪趣味だと感じ敬遠してしまうし、

かといって当たり障りのないものも好きじゃない。

自分と同じ程度や、目指す程度、毒を含んだものに出会えるのは嬉しいなー。

  • (コメント欄より抜粋させて頂きました)

    これは”間引き”の歌ですよね?私の幼い頃、養豚業を営んでいた­親戚の家では大きな秋田犬を飼っていて、死産だったり弱った仔豚­を食べさせていました。だから冒頭の歌詞がリアルな画として浮か­んできます。犬が笑っているように見えたのは何故か、犬と連れ立­って山に入る子供の手には何が抱かれていたのか。そしてその子供­は友川さん自身なのではないかと。この歌はそんな事をした自分と­当時の無能な政治家への恨みと無力感、一方で生かされている自身­への鼓舞、そして夢さえ見られなかった自身のきょうだいへの鎮魂­歌ではないかと、私は解釈しています。

チンチラの「チモシー美味しい」

チンチラがチモシー(牧草の種類)を無心に食べている姿を撮影しました。

動画の最後には、食べ飽きて、ポトッと落とす様子が映っています。

where black square?

(コメント欄より)

You Tubeで見つけた動画です

Chinchilla like a rice ball.
毛づくろいをしている姿がおにぎりのようだった

撮影しました

Chinchilla like a rice ball.

毛づくろいをしている姿がおにぎりのようだった

撮影しました